富裕層リサーチのレポーティング

事実と想定を明確に

富裕層リサーチの最終レポーティングの段階で、注意しなければならないことは、「事実」と「想定」を明確に区分することです。

事実が箇条書きで明確に、想定、つまりは、事実から類推可能な戦略や戦術は詳細に記述することです。

その際に、今すぐに達成可能なこととコストをかければ達成可能なことに大別しておくと良いです。

わかりやすさという側面もあるが、当社が今までの富裕層リサーチで経験的に所有する知見として、富裕層を新たに探し出すことにコストをかけるよりも、現在の顧客層から富裕層を見出せる可能性が大きいことも理由として挙げられます。

今できることからアクションを始め、新規顧客獲得に関しては、より戦略的に考える、というレポートが非常に的を得ているケースが多いです。

富裕層リサーチに関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ/お申し込みはこちら

関連記事

  1. 富裕層をミステリーショッパー(覆面調査員)とした自社サービスの社員到達度測定調査の必要性

  2. 富裕層向け試着会企画と富裕層資格取得

  3. 富裕層向けリサーチの見積もり依頼傾向 その11

  4. ネイルサロンと富裕層ビジネス資格

  5. 富裕層ビジネス検定資格販売中

  6. 富裕層マーケティングコーポレートサイトリニューアルしました【2016/04/12】