富裕層リサーチが難しい3つの理由

1.ターゲット富裕層がなかなか見つからない

当社には、調査対象となる富裕層をリクルーティングしてもらえないかという依頼が多数寄せられています。
言い換えれば、調査会社でも調査対象となる富裕層を見つけるのが難しいということです。
それはなぜかというと、そもそも富裕層にアプローチする方法が分からないからです。
一般的なマーケティングリサーチであれば、不特定多数の人にインターネットや電話などで調査協力をお願いすることも可能ですが、相手が富裕層となると同じようにはいきません。
そのため、当社のように富裕層顧客のデータベースを多数保有している会社に多くの依頼がくるというわけです。

2. リサーチのための時間を確保してもらえない

富裕層リサーチでは、対象となる富裕層が見つかっただけで安心するのは危険です。
いざ調査協力をお願いしようとしても、リサーチのための時間を確保してもらうのは簡単ではありません。
富裕層の方の多くはご自身でビジネスをされている方が多く、当然ながら日々多忙な生活を送っています。
そのため、見ず知らずの調査会社のために貴重な時間を割いてくれる可能性はかなり低いと考えた方がいいでしょう。
仮に時間が作れるとしても、信頼できる相手かどうか分からない段階で積極的に引き受けてくれるケースはほとんどありません。

3. どのようにリサーチを行えばいいかわからない

運よく調査協力をしてくれる富裕層が見つかったとしても、富裕層リサーチがうまくいくとは限りません。
これは富裕層に限ったことではありませんが、よく知らない相手に本音で意見を言う人がいるでしょうか。
きっとほとんどの方が言わないと思います。
理由1で、富裕層をリクルーティングしてもらえないかという依頼が多いと言いましたが、
当社ではリクルーティングのみの依頼は原則お引き受けしていません。それはこのような理由があるからです。
もちろん、富裕層リサーチには富裕層リサーチならではのノウハウが必要で、しっかりとした回答を得るには一朝一夕にはいきません。

 

以上が富裕層リサーチが難しい3つの理由です。
富裕層リサーチはとても難しいことなのです。
だからこそ富裕層リサーチを行っている当社の力が重要となってくるのです。

富裕層リサーチを始めようと思った方
富裕層リサーチが上手くいっていない方

ぜひ当社へ一度お問い合わせください。
富裕層リサーチを駆使して、富裕層ビジネスを優位に進めてみませんか?
bu_support_contact