富裕層ミステリーショッピング調査で競合分析を

大きく分けて「富裕層マーケティングにおける競合分析」には2つの軸が存在します。

まず、1つ目は「競合分析を行う目的」となります。なぜ富裕層を取り込みたいのか、取り込むためにはどのような戦略やアクションをおこさなければいけないかなどを十分に理解しておく必要がある、ということです。

2つ目は「分析に必要な競合情報」を得る事です。特に富裕層向け商品やサービスの競合分析には「競合他社のターゲット顧客層」、「競合他社が提供する製品やサービス」、「競合他社の強み・弱み」の3つの要素をより深く分析する必要性があります。

競合分析は売上を安定して伸ばす為には必要不可欠で、事業成功率を上げるひとつの大切な要素と言えます。富裕層マーケットにおいても然り、富裕層向けの競合分析には、富裕層ミステリーショッパー(覆面調査員)が実際に店舗などを訪れて調査を実施する、富裕層ミステリーショッピング調査が有効です。

一方、競合分析で活用される基本的手法に「3C分析」があり、3Cとは「Customer(市場・顧客)」、「Competitor(競合)」、「Company(自社)」の3つの頭文字からとった、外部環境を分析するマーケティング(市場調査)手法のことを指します。市場・顧客/競合の規模やニーズ、動向などを把握し、それらを自社の活動と照らし合わせると自社の強みと弱みが明確化しやすくなるので、この3C分析の具体的アクションのひとつとしても富裕層ミステリーショッピング調査は有効な手段となります。

 

当社では、富裕層をミステリーショッパー(覆面調査員)としたミステリーショッピング調査商品「Root Mystery Shopping」を販売しています。詳細は下記をご覧ください。

詳細はこちら

関連記事

  1. 富裕層ビジネス検定資格取得で講演・セミナー開始のきっかけに。

  2. 富裕層リサーチの対象者リクルーティング

  3. 富裕層調査依頼増加傾向を大別する、その2

  4. 富裕層調査の傾向 その8

  5. 第1回 研究職/地銀向け富裕層ビジネスセミナー「国内/アジア/欧米豪の富裕層研究コンソーシアムとは?」

  6. ネイルサロンと富裕層ビジネス資格