「イプソス 2018グローバル富裕層調査」から、富裕層インバウンド戦略における「グローバル・アフルエンサー」の活用を考える

「イプソス 2018グローバル富裕層調査(Ipsos 2018 Global Affluent Study)」によると、世界の富裕層は新しいテクノロジー、製品、サービスを最初に試し、購入し、口コミを拡散する「グローバル・アフルエンサー」だという。一般的に可処分所得が高い、頻繁に旅行をする、商品やサービスへの支出が多いなどの特徴を持つ。

当然ながら、新しいテクノロジー、製品、サービスであれば何でもいいというわけではないが、富裕層インバウンド戦略においてもグローバル・アフルエンサーをうまく活用することは有効だと考えられる。たとえば、新しい旅行商品をグローバル・アフルエンサーを活用して外国人富裕層に発信することで、訪れる外国人富裕層の数を増やすことに繋がる可能性もあるだろう。

プレスリリースはこちら

 

一方で、当社ではターゲットとしている外国人富裕層を対象とした富裕層リサーチ(富裕層調査)で、彼らのニーズを正しく把握することも重要だと考えています。富裕層インバウンド戦略における富裕層リサーチ(富裕層調査)をご希望の自治体や企業のご担当者様がおりましたら、一度下記よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 富裕層マーケティングをエリア別に提供する

  2. 富裕層調査依頼増加傾向を大別する、その3

  3. 富裕層ミステリーショッピング調査で競合分析を

  4. 富裕層ビジネス資格取得でビジネス説明会の開催をサポート

  5. 富裕層向け商品・サービスの研究開発成功のポイントは定期的・継続的に富裕層の意見を取り入れる「ハイネットワースラボ」

  6. 不用品を現金に変えるプライベートアンバサダー、そして富裕層資格